サロンに就職しました

今学期もようやく1週間を過ぎてちょっとづつ慣れてきた感じがします。
私は今年の春から新社会人なのですが、職場はエステサロンなんです。
学生時代に脱毛サロンに通って、全身脱毛をしたのですが、今まで毛深くて悩んでいたのに、
脱毛のおかげでその悩みがなくなったことに感激したんです。
なので、就職するなら絶対に脱毛さろんって決めていました。
同じように毛深くて悩んでいる女性の力になってあげたいって思ったのです。
配属先は、もちろんエステサロンの現場です。
機器の使い方を一日目から教えて頂いて、あとは新人同士で脱毛の練習のしあいっこ。
医療レーザーだとお肌に負担がかかるくらい強いレーザーですが、私達が使う光レーザーはそんなふうに
危険なものではないので、新人同士でも安心して練習台になることができます。
といっても、私はもう前身脱毛をしているので、練習台になれないんですけどね。
今ある毛と言ったら、髪の毛と眉毛と鼻毛くらいなもんです。子供が飲めるDHAサプリランキング!賢い脳をつくろう!

アバラは大切に

あばら骨って、そしてその骨にくっついている筋肉って、普段意識する事はあんまりないと思うんです。別にあばら骨を使って重いものを持ち上げたりするわけでもない。運動する時には、多分使って入るんだろうけれど、足や腕、腹筋背筋のように意識される事はない。
でも、わりと使われているという事に気づいた事があります。
それは、あばらのところにある筋肉を負傷した時でした。
どうやって負傷したかと言うと、咳をしすぎて、です。咳き込んで…というか、咳き込みすぎてというやつですね。風邪の時にアレルギー性のぜんそくを併発ので、とてもひどく咳き込む日々が続いたのです。
そしたら、あばら骨の所が痛くなってまいりまして。
それが本当に、激痛なので、私は、きっと骨が折れたんだと思いました。知人が、くしゃみをしてあばら骨を折ったという話も聞いていたので、これはまさにそういう状況なのではと。
で、痛みを抱えてみると、あばら骨というか筋肉というか、まぁ、その部位は、わりとよく使われているという事に気づきました。
呼吸する時は勿論ですが、寝返りを打つとき、横になる時、起き上がる時。屈む時、反り返る時。
あばら骨が普段生活する中でいろんな姿勢をとる時に、こんなに柔軟に動いているものとは知りませんでした。こんなに活動?してたんだ…とびっくりです。そしてめちゃくちゃ痛いです。
困るので整形外科を受診しましたが、こんなに痛いのに、折れているワケではないといわれました。ろっ骨の筋肉が挫傷しているのだという診断でした。おとなしくしているよりないという。それでは、咳を治す事が大事だという事で、今度は内科を受診し、アレルギー性ぜんそくの薬をもらい、咳がしずまってから、あばらも快方に向かったのです。
あばらの筋肉は直接関係ない症状によって傷つき、直截的な治療は施されずに治るという、普段のまんまのスタイルなのでした。大切にしてやらねばならないなと、痛感したできごとです。こちら

アクセサリは自作する時代?

子供の頃から小さいアクセサリーを作るのが好きで細々作っていたのですが、最近ある事に気付いてまた製作熱があがってきました。その「ある事」とは…単純な話ですが100円均一が凄いから(笑)なんです。
当時はユザワヤなどアクセ作りには欠かせない金型土台やチェーン、レースなどを買いに行ったものですが今では近所の(失礼)100均で全部揃うんです…これはやるしかない!
店で売っているアクセを見ていて、いいなと思う物があっても作った事がある者が見ると「コレくらいなら作れそう…」って思っちゃう事多いんですよね。自作すれば本当に好みのカラーや実際に使うなら紐の長さまで自由自在なのもポイントです。
100均で全部揃う。これは本当なんですが、1店舗だけだとデザインなどに偏りが出るので最初は複数店舗(勿論違うブランドで)を回って3000円位、豪遊(!)して買いあさった方が自由度が増します。あらかじめ「こんな物を作りたいなー」ってイメージしながらだと更に好みのアクセサリーが作りやすくなります。
最近だと「100均 アクセ作り」なんて単語検索でレシピを全部公開してくださっている方もいらっしゃるので覗いてみるといいかもしれませんね。馬プラセンタサプリメントランキング2016!

夢が広がるVR

今年はVR元年と言われるほど様々な動きがありますが、個人的にも非常に気になっている存在です。某有名ゲーム機でもVRが楽しめるようになるということで歴代の有名タイトルが参戦するなど賑わいを見せていますね。ゲーム機本体から購入しなければならないのでしばらく手に入れることは難しいかと思いますが、情報を追っているだけでも楽しいなと感じます。
ゲームだけでなくスマートフォンとVRゴーグルで楽しめるコンテンツには様々なものがありますので、まずはそちらから手を出してみるのも良いかもしれないなと思っています。映像作品を楽しんだりといった程度ならば十分に活躍してくれることでしょう。
VRは医療の業界にも積極的に取り入れていきたいといったような話も耳にしましたし、今後ますます進化していくものだと思います。個人的にはなかなか実際に出向くことは難しいので、VRで世界遺産が楽しめるようになったりしないかなと考えたりしています。
これからの進化に期待しつつ、情報を追いかけていきたいと思っています。キャッシング初心者におすすめのサイトはこちら